2018 8/22 up

Bluebird510
Z24 crankshaft
89mm bore × 96mm stroke
2.388cc
Z20cylinder block
SSS/219cylinder head


L型4気筒 最大排気量/Z24クランク 2.388cc

ZL24/L型4気筒 Engine spec
・Z20シリンダーブロック 89¢ボーリング
・Z24クランク/86mmストローク ウエイト加工、1本キー、曲り修正、ダイナミックバランス
・AS渡部 89¢鍛造ピストンkit
・AS渡部 152.5mm/I断面コンロッド ※OILジェット加工
・WPC/NDC親メタル、nismo子メタル
・SSS219シリンダーヘッド ポート拡大、46/38バルブ、燃焼室アルゴン
・75Rカムシャフト 純正加工品リューブ仕上げ
・ISKY V/SP、SCMリテーナー、強化コッター
・新品OSスーパーシングルクラッチassy

Z24クランク仕様 
気筒容積597cc 排気量2388cc
Z22クランク仕様 
気筒容積572cc 排気量2288cc
Z20クランク仕様 
気筒容積535cc 排気量2139cc

完成状態アッセンブリー、パーツ、加工等は画像参考
※F/カバー製造廃止のため溶接加工品使用、タイミングチェーンはL20B用新品
シリンダーヘッドはご覧の半完成品から製作致します
納期おおよそ1か月
インマニ/キャブは50¢、タコ足/48¢、マフラー75¢で 240ps は超えると思います

派生L型4気筒最大ストローク96mmというZ24クランクのため、圧倒的なトルクを発生
L型6気筒ともsceneによっては同等の速さを発揮、クロスミッションでのシフトアップ時でも
有効回転域のクランクストロークによるトルクで失速はほとんどありません
市販乗用車エンジンのため、ストロークによるピックアップで一気にエンジンは回ります
ピストンスピードからlimit/7.000rpmを超えないようレブリミッターの取付けをお薦め致します

Z24クランクですが入手厳しいため、手持ち在庫1本のみ、この1基のみの販売で終了です
2017年、LR20Bヘッドを使い、この2.4リッター腰下と組み合わせて完成させた510は
サーキット以外での全開ができません(通称サファリヘッド)
・LR20Bヘッド、optマニ/SOLEX50、48¢タコ足/60¢マフラー、magicデスビ、OS、240ワーナークロス、R180/LSD

1.520.000円 税込 (納期約1か月程度)
2388cc ZL24/L型4気筒コンプリートEngineについて問合せ